Archive for 2008年6月

エコドライブ

6月 23, 2008

以前、車ではなく車の運転で燃費は改善できるという話を聞きました。

何しろギネスではリッターで72kも走るエコドライバーもいるようですので本当にその効果たるやすごいのでしょう。

そんな中で見つけたのがこれ↓

燃料費を節約して車を運転する「エコドライブ」の講習会が22日、名古屋市昭和区の中部日本自動車学校であり、県内の男女20人が参加した。講習の前後に運転して燃費を調べ、平均で32%の改善効果があった。

名古屋市の市民講座「なごや環境大学」の一環で、この講習会は県なども共催。日本自動車連盟(JAF)愛知支部の職員から「車間距離が詰まってい ると自分の運転ができない」「5秒以上止まるならエンジンを止めた方がいい」などと話を聞いた参加者は、燃費計の付いた車を運転して違いを実感した。

エコドライブは地球温暖化や大気汚染を防ぐため、個人でできる取り組みの一つでもあるが、名古屋市中村区のケーキ職人平山喜三さん(49)は「何よりもガソリンが高いから、少しでも節約になればと思って」。講習会は11月にも開かれる。

無料で燃費の改善ができるなんて非常にうれしい講習ですね。

依然高まる原油高ですが、こういった工夫やこういう工夫を行うことで改善することができればとても良いですね。

また、教習所でもエコドライブの導入を心がけているようです。

エコドライブ、教習所で教えます-。県指定自動車教習所協会(30教習所)は、燃料消費をできるだけ抑えるエコドライブを各教習所で指導していく。財団法 人・省エネルギーセンター(東京)が進める実技講習を全教習所が受講、ノウハウを教習生や地域住民に伝える。同センターによると、都道府県単位で教習所が 統一してエコドライブの指導に取り組むのは全国で初めて。

16日、東北信の教習所を対象にした実技講習会があり、同協会の甲田明専務理事が方針を明らかにした。9月には中南信向けに同様の講習会を予定しており、早ければ秋にも全県でエコドライブの指導が可能になる見込みだ。

講習会そのものは、県環境部が地球温暖化防止県民計画に基づき、自動車の二酸化炭素(CO2)排出量の抑制につなげるため企画。この日は長野市川中島町の教習所を会場に東北信の15教習所から教官が1人ずつ参加した。

日ごろの運転で燃費を計測した上で、省エネルギーセンターが派遣した講師が燃費向上のこつを伝授。「発進の時も(タコメーターで)2000回転程度に抑 え、5秒間で時速20キロ程度に達するのが目安」「5秒以上停止する場合にアイドリングストップ(エンジン停止)して、再びエンジンをかけても燃費向上効 果がある」などと説明した。

参加者はこうした指導を受けた後、再び燃費を測定。1リットル当たり3キロ燃費を向上させ、参加者でトップだった佐久川西自動車学校(佐久市)の内堀久夫さん(45)は「そんなにのろのろ運転じゃない。こんなに効果があるとは」と効果を実感したようだった。

同協会などによると、今も各教習所で「不要なアイドリングはしない」といった指導はしている。甲田専務は全教習所で取り組むことで「全県的に環境に配慮した運転に変わっていく」としている。

こういったことはとても良い傾向ですね。

景気、そして雇用

6月 23, 2008

愛知は製造業で潤っている地域ですが、マクロ経済に影響を受けやすい地域でもあります。

特に原油高における原材料高、サブプライムローンにおける消費心理の低下における問題から車の売り上げが伸び悩み、それが直接地域の雇用にもかかわってきます。

中部3県の各労働局が30日に発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は、愛知県が前月比0.06ポイント低い1.78倍と2006年3月以来の水準 まで低下した。労働局による派遣求人の適正化指導の影響で、2カ月連続のマイナス。岐阜県、三重県はともに3カ月連続で前月を下回った。3県とも全国平均 の0.93倍を大きく上回ったが、原材料高による求人意欲の停滞傾向もみられた。

愛知は有効求人数が前月比で2.8%減少する一方、有効求職者数は0.3%増となり倍率が低下。51カ月連続で全国1位となった。

新規求人数(原数値)は前年同月比で7.5%のマイナス。全体の約3割を占める人材派遣などサービス業が12.3%減少したほか、製造 業でも自動車関連を中心に13.0%減った。ただ自動車など輸送用機械器具製造業では堅調な求人もみられた。「雇用調整のような動きは出ていない」(愛知 労働局)との指摘もある。

しかし、その一方で今後はプリウスをはじめとする燃費の良い車が浸透していくことになるでしょう。

豊田を乗っている人が多い愛知県民

6月 23, 2008

豊田市の市民などはトヨタに乗っている人が多い。

トヨタで働く両親、トヨタのイベントでアルバイトする子供

本当にトヨタが密着している地域なのです。

また、愛知は地形的に関西と関東の間を結ぶ企業が多く発展をしてきました。

独自の文化を持つ関東、関西の情報が集まり、とても面白い地域です。

愛知の求人

豊田の引越し

6月 23, 2008

先日テレビで豊田の引越しについてやっていました。

なにやら豊田は本社を移転する際に物凄い量の引越し作業になります。

それもそのはず、豊田は日本でももっとも大きい企業のひとつですから、その引越しも相当大変なはず、

しかし、物流のスペシャリストである豊田は、引越し業者に引越しフローをすべて説明し、

直接業務の指示にあたったようです。

どのような分野にも考えるという業務をとことん行う豊田の姿勢には脱帽です。

この改善するという業務を行う思考フローが豊田の成功の秘密なのでしょう。

愛知は製造業が盛ん

6月 23, 2008

愛知は言わずと知れた日本一の大企業TOYOTAの本社がありその子会社、関連会社も多く拠点を持つ製造業でとても有名な地域です。

子会社のデンソーなどでもその売り上げは兆を超えているなど他の企業を圧倒する売上高を誇っています。

愛知にはトヨタが本社を構える地域に「豊田市」というのがあるほど、豊田が地域に密着した特殊な地域です。

豊田は創業してもう100年近くたちますが、常に業務の改善を重ねに重ね、より生産性を高めた地域として業務を拡大しました。

その業務フローは多くの企業に模範され、日本の技術力を不動のものとしました。